シャトー・マルゴー 1959年の買取

TEL:0120-933-490
ワイン
ウイスキー
ブランデー
日本酒&焼酎

シャトー・マルゴー 1959年の買取

シャトー・マルゴー 1959年の買取を考えている方へ

赤ワインの中で、もっとも有名なものの一つに数えられるのが「シャトー・マルゴー」です。
シャトー・マルゴーはフランスのボルドー、メドック地区マルゴー村の、ワインの生産地として適した場所にて生産されています。
そのメドック地区における1855年に行われたワインの格付けで、第1級格付けとして第3位に輝いた実績があります。
その時の格付けではシャトー・マルゴーは満点の20点であったのですが、格付けの判定には味の他に販売価格の要素も考慮されていたために、シャトー・ラフィット、シャトー・ラトゥールに及ばず、第3位という結果になりました。
しかし、格付けで満点が飛び出したものであることはゆるぎない事実であり、もっとも味の良いワインとしてのお墨付きがついたものであると言いきれる作品です。
シャトー・マルゴーは、女性的で気品のあるその味わいから、ワインの女王と呼ばれるほどの名品として知られています。
シャトー・マルゴーを愛した偉人は多く、フランスのルイ15世の愛妾であるデュ・バリー夫人が愛飲していたと有名で、その他にも第3代のアメリカ大統領であるトーマス・ジェファーソンや、世界的なベストセラーとなった小説「老人と海」の作者として知られる、アーネスト・ヘミングウェイなどがいます。
アーネスト・ヘミングウェイにおいてはシャトー・マルゴーをこよなく愛した証拠として、孫娘にマルゴーの英語読みであるマーゴの名を授けたとの逸話もあります。
それほどまでに古くから愛されてきたシャトー・マルゴーは、女王の風格を持つ作品であるといえるでしょう。
しかし、1962年から77年の15年間はあまり優れた作品が登場せず、過去の輝かしい評価も落ちてしまっていましたが、1990年代に入ると男性的な力強い作品が多くなります。
男性的といってもその中にはシャトー・マルゴーの特徴であった女性的で気品ある味わいは残されており、現在ではそのユニークな味わいにて、ワインを愛する人々に親しまれています。

ワイン
ウイスキー
ブランデー
日本酒&焼酎
ページトップへ