シャトー・ラトゥール 1975年の買取

TEL:0120-933-490
ワイン
ウイスキー
ブランデー
日本酒&焼酎

シャトー・ラトゥール 1975年の買取

シャトー・ラトゥール 1975年の買取を考えている方へ

フランスのボルドー地方は有名なワインの生産地です。
この地域で生産されている物だけがボルドーと名乗る事が許されています。
この地域では、カベルネ・ソーヴィニヨンという葡萄の品種が多く使われて生産されています。
ボルドー地方のメドック地区では、赤ワインの格付けが行われており、1級~5級までのランクで格付けが行われており、1級の格付けがされているシャトーは5件しかありません。
それぞれのシャトーが、それぞれの名前を付けて生産を行っています。
シャトー・ラトゥールは、メドック地区のポーイヤック南東端に位置しており、農園のシンボルとなっている由緒あるサン・ランベールの塔が建っており、今も畑を見守り続けています。農園には78ヘクタールのぶどう畑があり、使用されている葡萄の品種は、カベルネ・ソーヴィニヨン・メルロー等が造られています。
シャトー・ラトゥールで生産されているワインは、良く出来た収穫年でも、出来が良くなかった収穫年に生産された物でもすべてがすばらしい出来になっておりシャトーの中でも安定しています。
安定して造れる理由は、川に近いという場所で葡萄が作られているので、川からの反射で自然な暖かさが伝わる事で、葡萄の生育を助けたり、リスクを減らす助けを行っており、畑の過度な温度変化を防ぐ役割を行ってくれています。
シャトー・ラトゥールの中でも、この地形はランクロと呼ばれており、大きさは47haしかなく、そこで最高のワインの為の葡萄が生産されています。
五大シャトーの中でも、力強く男性らしさが感じられる味わいで、色合いは濃く、タンニンが豊富で何十年という長期的な保存に耐えられると言われており、20年以上は瓶の中で熟成を行う事で、タンニンのきつさが取れ、豊かなコクと深みが増して極上の味わいへと変化します。
熟成を行わないとその深みやコクが現れ無い為に、剛健であると評価されているのです。
シャトー・ラトゥールの味わいは、凝縮されて味わい深くタンニンの強いワインですが、重くない味わいです

ワイン
ウイスキー
ブランデー
日本酒&焼酎
ページトップへ