シャトー・ラフィット・ロートシルト 1964年の買取

TEL:0120-933-490
ワイン
ウイスキー
ブランデー
日本酒&焼酎

シャトー・ラフィット・ロートシルト 1964年の買取

シャトー・ラフィット・ロートシルト 1964年の買取を考えている方へ

アルコールの中でも、ワインは大変歴史のあるアルコールの一つと言われています。その中でもヨーロッパにあるフランスのボルドーやブルゴーニュ、シャンパーニュ地方で生産されるものは世界的に有名な銘柄として、多くの人に今でも評価をされており、愛好家の人々はこの商品を望んでいると言われています。そうした有名な生産地の中の1つであるボルドー地方の中でも、メドック地区ポーイヤック村の銘柄であるシャトー・ラフィット・ロートシルトは特に格付けが高く、良い評価を受けているものと言われています。シャトー・ラフィット・ロートシルトは、1815年の時点ですでに以上に高い格付けを得ており、この商品は数あるワインの中で最も素晴らしいボディを備え、最も優雅で繊細な芳醇なものと評価をされた、歴史のあるものです。これに含まれるブドウの品種として、カベルネ・ソーヴィニヨンやメルロなどが挙げられます。こうした新種はワイン作りに適していると同時に、長時間の熟成期間を経ていることから、非常に飲みやすいものとなっているといえます。一般的にシャトー・ラフィット・ロートシルトは短時間での熟成時間では、香りが少なく、味も渋く、おおよそ評価の高いものとは思えませんが、10年や20年の長時間の熟成期間を経ることで、驚くほどの味や香りの変化を起こすこともこのワインの特徴の一つと言われます。中に含まれる渋みを醸し出すタンニンが程よく舌を包み、繊細できめ細やかな味わいが、飲む人の一気に圧倒するといわれています。かつてフランスを治めていたルイ15世がこれを好み、フランス王室御用達のワインであったという歴史もこのシャトー・ラフィット・ロートシルトが今でも美味しいと評価される理由の一つであると言えます。また、ワインの原料であるブドウ作りに適した土壌で栽培されているということもこれが美味しいと評価をされる理由の一つです。良質な原材料を生産できることも重要な要因です。

ワイン
ウイスキー
ブランデー
日本酒&焼酎
ページトップへ